台形茶事 – 立冬 –


冬のはじまり、台形におきまして茶人・清水美佐さんをお招きし、台湾茶道の茶会を開催します。
台湾茶道は日本の茶道とは異なり、厳格な作法はありません。目の前の一杯に集中して感覚を開く場と言えます。
茶杯を一口含むと芳醇な香りと旨味が口の中に広がります。
私は初めて美佐さんに淹れて頂いたお茶を飲んだ時、まるで上質な出汁を飲んだ時のように味覚が四方に広がっていく感覚を覚えました。
今回は台湾茶・中国茶を一煎ずつ丁寧に入れて頂き、台湾茶道の世界を堪能して頂ける貴重な機会となっております。
一つの茶杯に心を寄せ、ゆったりと静かに過ごすひとときを、台形でご一緒しませんか。

台形 大木瑶子

_

日時:2017年11月12日(日)

壱の部 10時~11時半
弐の部 13時~14時半
参の部 16時~17時半

会費:3千5百円 (税込)  *お茶と台形の特製菓子付き

以下のお申し込み内容をご記載の上、info@daikei.orgまでご予約ください。
1 お名前
2 電話番号
3 メールアドレス
4 ご希望の時間(第1希望、第2希望)
5 食べ物アレルギーをお持ちの方は事前にお申し出下さい

*当日は、繊細なお茶を感じて頂く為香りの強い香水、口紅等はご遠慮ください。

 

_

 

慌ただしい時間軸から、ちょっと抜け出して繊細で豊かな香りのお茶に、ただただ寄り添う自分だけの時間。
お一人お一人に心を込めて、一杯のお茶をお淹れします。
厳選されたお茶と共に、この日のためだけにご用意する台形店主特製の甘味もお楽しみに。

茶人 清水美佐

_

清水美佐 しみず・みさ

2013年台湾茶の道と出逢い、茶人珮如女史に師事。稽古場「留白」としての茶寮活動、個人でのお茶会などを開催。また、お茶淹れの場を通し「静かに、凛と寄り添える布道具」を探求。布の茶道具制作も行っている。

 

Attachment-1

吉原航平個展 「紙偶」


この度、台形では吉原航平個展「紙偶」を開催致します。

吉原航平は、古今東西の偶像などからインスピレーションを得て、それらに通底する根源的な造形言語を探る試みを、手を介して一貫して続けてきました。これまでは木炭や墨などによる絵画作品を主に制作してきましたが、本展では初めて紙を使った立体作品に挑みます。会期中は台形の内外の空間が吉原作品で埋め尽くされることでしょう。

料理メニューや夜のコース予約は、通常通りご提供致します。
料理やお酒、珈琲を味わいながら、新たな磁場の生成をお楽しみいただければ幸いです。この機会にどうぞお運びください。

「紙偶」 吉原航平

2016年10月28日(金)〜11月13日(日)
火・水・木 12〜20時
金・土 12〜18時/19時〜(予約コース)

※11月13日(日)は定休日ですが、特別にオープン致します。
※会期中のイベント等については追ってお知らせ致します。

吉原航平 YOSHIHARA Kohei

1985年神奈川県生まれ。画家。

主な個展
2010年「図鑑」 Central East Tokyo 2010(馬喰町)
2013年「群像」 island MEDIUM(外神田)
2015年「土祠」 TRANS ARTS TOKYO 2015(神田)
2016年「俗の術」 circle gallery&books(谷保)

%ef%be%972

【営業時間と夜営業のお知らせ】


この度ホームページを開設しました!
今後、最新情報などはこちらで随時発信していきますので、たまに覗いていただければ幸いです。イベントなども予定しておりますので、どうぞよろしくお願いします。

また、今週より営業日時が正式に決定致しました。
––
火・水・木曜日 → 正午〜20時
金・土曜日 → 正午〜18時 / 19時〜(夜営業)
日・月曜日 → 定休日
––
本格的に夜の営業もスタートします。
金・土曜日の夜に、予約制のコース料理をお出しします。(19時もしくは19時半から)
前菜からスープ、メイン、デザートまで、全部で7〜9品の季節に合わせた料理をご提供致します。
夜の大切なひとときを、当店の空間でゆっくりと寛いでいただければ幸いです。予約は店頭かメール(info@daikei.org)にて承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

住所:東京都国立市中2-2-3

––
twitterはこちら → https://mobile.twitter.com/trapezoid_diner
instagramはこちら → https://www.instagram.com/dai.kei/